ゴミの問題と環境問題

ゴミの問題はプロに任せる。ということで最近では埼玉の産業廃棄物処理を依頼する時には業者委託する人が多いみたいですよ。
分けるのが面倒な瓦礫は機械で選別をしてしまいましょう。様々な場面に合った機械を用意しているので、困らなくてすみますね。

ゴミの処理について悩んでいる人もいますが、山や海など人通りの少ない場所に不法投棄をする人が後を絶たないと話に聞きます。日本では一般ゴミが年間で5000万トン以上出ているという話を聞きます。そしてこれは一般ゴミだけなので産業廃棄物に関しては除外されており、産業廃棄物だけでは5億トン近くのゴミが毎年出ています。

この話を聞いて「フゥ~ン」と思うか、それとも「ヤバい!」と思うか人それぞれだと思いますが、ゴミ問題は早くに解決をしなくてはいけない重要なことなのです。

産業廃棄物と言ってもその中に含まれるゴミの種類は様々です。処理業者ではそれらのゴミの中からさらに産廃選別を行い、分別をおこなうのです。
産業廃棄物として産廃選別されるゴミは以下の物があります。燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチックなどの事を言い、産廃選別を必要としています。
またこれらの処理には中間処理が必要となり、リサイクル業者などが企業や団体から出たゴミを産廃選別をおこない、最終的に処理をおこなうことになるのです。

ここまで話した内容ではゴミに関する問題は様々ある事が想像出来るのではないでしょうか?
毎年大量の一般ゴミから産業廃棄物まで様々な場所で処理が行われています。それらの処理は全て税金によるものなのです。ですから、私達は自分達が出すゴミについてもっと詳しく知っていく必要があるのです。